永遠のプログラマ☆

還暦過ぎてもプログラマ(40年)

プログラマあるある - 米国出張☆

こんにちは。

しょぼい起業。

クルマやガソリン代を経費にできるのか。

ええ、できます。

中小企業の社長さんは、レクサスかベンツ。

経費にならなかったら、高級車売れません(笑)

 

さて、1980年代。外資系ソフトウエア会社。

IBMメインフレーム

CICS トランザクションモニタ。

 

「米国発パッケージ製品を日本語化するから!」

「とりあえず、アメリカ3カ月、行ってきて!」

 

IBMの3270端末。80x24 CUI画面

3270データストリーム。

HTMLをかなり難しくしたようなもの。

罫線や色、ブリンク表示。

最初は、フィールド単位に半角のみ、全角のみしか入力できず。

MIX機能、いわゆるシフトコード(x0e x0f )で全角を挟む仕様は、

後から出てきました。

 

米国では、アパート借りて、クルマ通勤。

GMビュイックで快適でしたな。

一度、パワーウィンドウが閉まらなくなり焦った。

 

飛行機は、まだ喫煙席がありました。

 

出張日当、確か1日8000円。

これはおいしかったです。

いい時代でしたな。