永遠のプログラマ☆

還暦過ぎてもプログラマ(40年)

誇り高きレガシー戦士たち☆

こんにちは。

森さんの功績。

多様性のある社会実現。

女性理事増える。

きっかけになったことは間違いない。

 

さて、個人ではWindows XP

会社だとzOS。

 

いまだに使ってる人。

いますか。

 

そのマシンでしか動かないアプリ。

新しい環境に移行する気力がない。

 

使い続ける気力はある(^。^)

 

還暦過ぎたメインフレーマー。

 

ごく限られたメンバー。

厳選された人だけが受け取れる。

メーリングリスト

 

zOSのIPLアナウンス。

 

そのメールを見るのは

年寄りばかり、

もとい、

生き残ったレガシー戦士たち。

 

人生100年時代。

 

メインフレームは死なない。

 

 

 

 

 

 

 

 

雰囲気で使わずきちんと理解☆

こんにちは。

ワクチン接種開始。

期待の星だぁ。

イスラエル、なぜ早い~

 

さて、日々のプログラミング作業。

動けばいいと思って

コード書いてると、次回の応用が効かない。

 

人に教えるシーンを、想像してコードを書く。

 

中身をキチンと理解する。

 

ASP.NETでレポート作成。

Report Viewer コントロール

 

Web Form1個作るだけで、印刷はもちろん、

Excel、Word、PDF形式でダウンロード出来る。

 

チョー素晴らしいコントロール

 

動かすまでのハードル高し。

 

デバッグ終わって、サーバーに展開したらエラー???!!!

 

2021-02-21 14:02:41.9973|ERROR|ApplicationBuilder|Application_Error:
Type: System.Configuration.ConfigurationErrorsException
Message: 要素 'buildProviders' はアプリケーション レベル以下では定義できません。

 

-------- web.config -----------

<system.web>
<compilation debug="true" targetFramework="4.6.1">
<buildProviders>
<add extension=".rdlc" type="Microsoft.Reporting.RdlBuildProvider, Microsoft.ReportViewer.WebForms, Version=15.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91"/>
</buildProviders>
<assemblies>
<add assembly="Microsoft.ReportViewer.Common, Version=15.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91"/>
<add assembly="Microsoft.ReportViewer.WebForms, Version=15.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91"/>
</assemblies>
</compilation>
<httpHandlers>
<add path="Reserved.ReportViewerWebControl.axd" verb="*" type="Microsoft.Reporting.WebForms.HttpHandler, Microsoft.ReportViewer.WebForms, Version=15.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91" validate="false"/>
</httpHandlers>
</system.web>
<system.webServer>
<modules runAllManagedModulesForAllRequests="true"/>
<handlers>
<add name="ReportViewerWebControlHandler" verb="*" path="Reserved.ReportViewerWebControl.axd" preCondition="integratedMode" type="Microsoft.Reporting.WebForms.HttpHandler, Microsoft.ReportViewer.WebForms, Version=15.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91"/>
</handlers>
<validation validateIntegratedModeConfiguration="false" />
</system.webServer>

 

 

-------- report.aspx --------

<%@ Register assembly="Microsoft.ReportViewer.WebForms, Version=15.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91" namespace="Microsoft.Reporting.WebForms" tagprefix="rsweb" %>

 

<rsweb:ReportViewer ID="ReportViewer1" runat="server" Font-Names="Verdana" Font-Size="8pt" Width="1400" Height="1000">
<LocalReport ReportPath="report1.rdlc">
</LocalReport>
</rsweb:ReportViewer>

 

 

解決策:

report.aspx画面の展開場所は、仮想フォルダトップじゃないとダメ。

サブフォルダに aspx を置くと叱られます。

 

メッセージの意味が分からず、

2時間かかりました。

 

トシですな。

 

チャンチャン♬

VS2019 ASP.NETレポートプロジェクト Microsoft.ReportViewer.Common 読み込めない☆

こんにちは。

森さん、川渕さん。

2021年、大変な年になりましたな。

 

さて、Visual Studio 2019で ASP.NET レポート作成。

ビルドエラー。

 

エラー ファイルまたはアセンブリ
'Microsoft.ReportViewer.Common, Version=15.0.0.0, Culture=neutral,
PublicKeyToken=89845dcd8080cc91'、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。
指定されたファイルが見つかりません。

 

 

解決策:

1. 以下の4つのファイルを自分のPCで探す

Microsoft.ReportViewer.Common.dll
Microsoft.ReportViewer.ProcessingObjectModel.dll
Microsoft.ReportViewer.WebForms.dll
Microsoft.SqlServer.Types.dll

 

プロジェクトにbinフォルダを作成。
上記の4つをコピー。

 

2. Web.config変更

以下の 行を追加。

<system.webServer>
<modules runAllManagedModulesForAllRequests="true">
<add name="UrlRewriter" type="Intelligencia.UrlRewriter.RewriterHttpModule, Intelligencia.UrlRewriter" />
</modules>
<validation validateIntegratedModeConfiguration="false" />
</system.webServer>

 

うーむ、それにしてもVS2019。

勝手に web.config にアセンブリ追加したくせに

エラーにするとは。。。

 

2時間返せぇ~。

 

ブツブツ。

 

早くコード書きたいという新人さん☆

こんにちは。

テレワーク中。

ノートパソコンのキーボードが小さい。

使いづらい。

Visual Studio F5 デバック開始。

fn キー+F5 2度押しは面倒だぁ。

カタカナ変換のF7も。

 

たまらず、USBキーボード。

アマゾンでポチリ。

 

さて、この春カットオーバーのプロジェクト遅延中。

たまらず、この2月入社の新人を

プロジェクトに投入。

 

いやぁ、覚えが早いし、

英語も得意な外国人。

 

打つと響くタイプ。

 

何より、コードが早く書きたいというセフレ、

もとい、セリフが嬉しい。

 

楽しみです。

 

楽ができる、楽ができる、楽ができるぞ~♬

 

 

ノートPC USB Type-C + 外部モニタ給電☆

こんにちは。

緊急事態宣言。

前回4月に1か月間テレワーク。

 

今月から2回目テレワーク中。

会社行きたいがガマン。

 

さて、ノートPCは、充電ケーブルが欠かせない。

と思ってたら。。。

 

USB Type-C + 外部モニタに接続すると

勝手に充電してくれるという。

 

おぉ、知らんかったぁ。。。。

 

重たい電源は、会社にオキッパでいい。

 

社内でも知らない人多かったよ。

 

特にお年を召した方。 <===自分 (^-^)

SSL証明書再取得がメンドーな件☆

こんにちは。

緊急事態宣言後、再び。

テレワークモードに突入。

テレワーク部屋での電波状況イマイチ。

リビングのWi-Fi から遠い。。。

 

さて、GMOからSSL証明書再取得お願いメール。

え、メンドー。。。

 

【重要】中間CA証明書の移行に伴うSSL証明書の再発行について

この度、お客様がご利用のSSL証明書につきまして、
発行元であるGMOグローバルサインにおいて、
新たな中間CA証明書の発行が行われております。

 

気軽に言ってくれるけど、

取得して再設定やバインド。

時間取られる~

 

仕事増やしてくれるなおっかさん~

 

お願い(^-^)

 

 

Visual Studio 2019でGridView☆

こんにちは。

2021年始まり始まり~

今年もよろしくお願いします。

箱根駅伝見ながら

ホームPCで

Visual Studio 2019インストール。

長いな。

なかなか終わらん。

どんだけ〜

 

さて、プロジェクト遅延中。

コロナ禍。

テレワークで仕事の効率落ちた。

に100票(^。^)

 

Salesforceオブジェクト連携。

ちょっとしたWEBツールをASP.NET + GridView + SQL Serverで作成。

キーワードは:

Visual Studio 2019

C#

ASP.NET Web アプリケーション

.NET Framework バージョン4.6.1

Web Forms

プロジェクト選択肢多すぎ。

 

Visual Studio 2019 でGridView 使ってみる。

ターゲットSQL DBは、AWS EC2 のものをローカルに復元。

 

DB接続テスト。


>sqlcmd -S xx.xx.xx.xx -U user01 -P **** -d mydb
Sqlcmd: Error: Microsoft ODBC Driver 17 for SQL Server : ユーザー 'user01' はログインできませんでした。

 

別サーバーにDB を復元したときの定番エラー。
同じ名前のユーザが復元登録されていても、
実際にはIDで管理されているから、結び付けができなくなるのが原因。

いい加減に、自動的に修復してくれ →マイクロソフト

 

SQL Server Management Studio で

ユーザ削除&ユーザ新規追加でOK。

mydb→セキュリティ→ユーザ→ user01 削除

USE MASTER
CREATE LOGIN user01 WITH PASSWORD=N'****',
DEFAULT_DATABASE=mydb,CHECK_EXPIRATION=OFF, CHECK_POLICY=OFF
GO
use mydb
create user user01 for login user01 with default_schema=dbo;
go
use mydb
EXEC sp_addrolemember N'db_owner', N'user01'
Go

 

接続OK後に、 データソース構成ウィザード。

 SQL Server DB 選択

接続情報(SQL Server名、DBユーザ名、DB Pass、DB名)

テーブル選択

 

 

久々のASP.NET

ポストバック、Sessionオブジェクト。

GridView のページング、

Salesforceビュー画面へのリンク実装。

 

Google先生に聞いて、

ようやく完成。