永遠のプログラマ☆

還暦過ぎてもプログラマ(40年)

CentOS7.6 + libreoffice-headless ☆

こんにちは。

連休の高速渋滞。

ユーウツですな。

サンデードライバーご注意。

 

さて、CentOS7.6 で PDF 作成したい。

LibreOfficeの出番だ。

 

ググって情報あるのはチョー便利。

逆に詰まってヒットしなければ地獄。

 

タダほど高いものはない(^-^)

 

VMWare でCentOS7.6 作成。

ネットワークデバイスを確認
# nmcli d

詳細を確認。
# nmcli c s ens33

インターフェイスを有効化。
# nmcli c m ens33 connection.autoconnect yes

 

LibreOfficeをインストール

yum install libreoffice-headless

 

headlessとは:
ユーザーインタフェースを使用しない「ヘッドレスモード」

でのアプリケーションの起動を指定します。
このモードは、外部クライアントから API 経由で

アプリケーションを制御する場合などに使用します。

 

コマンド起動(バックグランド)

# /usr/lib64/libreoffice/program/soffice

   "--accept=socket,host=localhost,port=8100;

   urp;StarOffice.ServiceManager"

   --invisible --nologo --headless --nofirststartwizard &

 

なぜかポートは 8100番。

 

プロセス確認。

# ps -ef | grep off
root 7792 7468 0 10:03 pts/0 00:00:00 /usr/lib64/libreoffice/program/oosplash --accept=socket,host=localhost,port=8100;urp;StarOffice.ServiceManager --invisible --nologo --headless --nofirststartwizard
root 7824 7792 0 10:03 pts/0 00:00:00 /usr/lib64/libreoffice/program/soffice.bin --accept=socket,host=localhost,port=8100;urp;StarOffice.ServiceManager --invisible --nologo --headless --nofirststartwizard

 

リッスンポート確認
# ss -antp
State Recv-Q Send-Q Local Address:Port Peer Address:Port
LISTEN 0 128 *:22 *:* users:*1
LISTEN 0 100 127.0.0.1:25 *:* users:*2
LISTEN 0 128 127.0.0.1:8100 *:* users:*3
ESTAB 0 0 192.168.172.133:22 192.168.172.1:53813 users:*4
LISTEN 0 128 :::22 :::* users:*5
LISTEN 0 100 ::1:25 :::* users:*6

*1:"sshd",pid=7143,fd=3

*2:"master",pid=7281,fd=13

*3:"soffice.bin",pid=7824,fd=19

*4:"sshd",pid=7444,fd=3),("sshd",pid=7440,fd=3

*5:"sshd",pid=7143,fd=4

*6:"master",pid=7281,fd=14