永遠のプログラマ☆

還暦過ぎてもプログラマ(40年)

Do not become arrogant - 思い出の言葉☆

こんにちは。

東横線で都内通勤35年。

最初の頃は、冷房なしの車両あり。

のんびりした時代でしたな。

 

さて、1980年代、外資系ソフトウエアに転職。

高給に惹かれてつい(笑)

 

とにかく電機労連は給料が安かった。

富士通日本電気沖電気

残業代で生活してた感じ。

 

外資系ソフトウエア会社。

プログラマは英語力はあまり求められないが

会話力がないと、米国幹部にウケがよくないため

エラくなれない(笑)

 

英語ゴロ。

外資系会社を高給で渡り歩く英語堪能な人。

まぁ、英語だけできる人って悪口ですな。

 

当時、出張してきた米国本社の社長。

 

社員を前にあいさつ。

一つの単語だけ繰り返し耳に入ってきた。

 

・・・・アロガント・・・・

 

アロガントって何????

 

Do not become arrogant

 

人は、成功したり技術力がつくと

知らず知らずテングになる。

横柄になりやすい。

 

でも、技術者って、苦労して、

実力が付いて、

周りから頼りにされて、

チヤホヤされて、

知らず知らずそうなっていくもの。