永遠のプログラマ☆

還暦過ぎてもプログラマ(40年)

1970年代プログラマ風景(4) - 青焼き☆

こんにちは。

この時期、他人にされてイヤなこと。

窓を開けて外気を取り込む行為。

家でもクルマでも。

マジ、気を使ってほしい(笑)

 

さて、新入社員の頃。

薄い用紙にシャープペン。

機能仕様書や詳細仕様書。

フローチャートを書く。

 

当時のコピーマシンは、青焼きと呼ばれた。

青焼き用紙の包装紙。コピアとか。

書類入れとして持ち歩いてた人もいたな(ダサかった)。

 

プロジェクトで泊まり込みで仕様書チェック。

レビューと呼ばれる工程。

当時は、まったりしてましたな。

 

プログラム好きになってきたころ。

ある意味、楽しい作業であった。

 

当時、レビューの打ち上げでアカペラで歌った歌。

夢想花 円広志

なつかしい。

 


夢想花 (円広志)